アイキャッチ画像

タイ古式マッサージ

【女性限定】伝統のワット・ポー式
タイ古式マッサージ

 

タイ古式マッサージ(基本・治療)

≪施術代金≫

施術代金(基本:90分) ¥10,000(税込:¥10,800)
施術代金(基本:120分) ¥13,000(税込:¥14,040)
施術代金(治療:180分) ¥20,000(税込:¥21,600)

 

\ こんな目的にいかがでしょうか? /

  • 血液の循環を良くし、新陳代謝を盛んに
  • 筋肉をほぐす
  • 慢性的な治療や予防をしたい
  • 体質改善
  • ダイエット
  • 老化防止
  • ストレスをお持ちの方
  • リラックス効果

ご予約はこちら

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージでは、タイ古式マッサージの基本となる10本のセン(エネルギーライン)を押し、ストレッチを行います。筋肉や関節を柔軟にし血液やリンパの流れを良くするだけでなく、免疫力を高める効果もあります。2011年にユネスコの『世界の記憶』に登録されたワットポーの碑文。タイ古式マッサージの治療法は、この碑文に治療の為のエネルギーラインやラインに沿った指圧のポイントが刻まれています。それを基に治療の為のタイ古式マッサージがあります。
🄫ワットポーマッサージスクール・スクンビット校

タイ古式マッサージの効果

①ダイエット効果。
②筋肉をほぐす。
③凝りや痛みを緩和する。
④血液やリンパの流れを促進する。
⑤自立神経のバランスを取り、精神的、肉体的リラックス。
⑥神経痛や関節痛の緩和。
⑦慢性病の治療や予防。
⑧老化防止。
🄫ワットポーマッサージスクール・スクンビット校

タイ古式マッサージの歴史

タイ古式マッサージの歴史は古く、2500年以上前まで遡ります。ブッダの医師であった、シヴァカ・コマラッパが創始者とされ、タイでは「タイ古式マッサージの父」として広く認知されています。1455年のアユタヤ法には、時の王、ボーロマ・トライローカナートは王宮内にマッサージ部門を設立したとの記述があります。1690年、当時の首都であるアユタヤの宮廷を訪問した、フランス人外交官ルベールの記録によると、揉む事、足で踏む事がタイ古式マッサージの伝統的な基本テクニックであると記されています。1767年、アユタヤ王朝の崩壊と共に、古典医学書の原本およびマッサージに関する写本の大半が燃やされてしまいました。それまでに積み重ねられた知識や技術は、師匠から弟子へと受け継がれて行くようになりました。1831年、ラマ1世は、全国から歴史、宗教、文学、芸術、医学、物理療法、薬学、マッサージに関するすべての書物を取集するよう命じました。集められた書物は全て写本が制作され、ワットポー内で保管されることになりました。1906年、ラマ5世は、全ての文献を現代タイ語に翻訳する事を命じ、翻訳されたものは、王室医学教本として編纂されました。この教本にはタイ古式マッサージの全ての手順及び経絡とツボが記載されています。1955年、ワットポー内に伝統医学学校が開校し、1962年にマッサージ以外のタイ式治療法が教授されるようになりました。1991年、伝統医学学校で、タイ古式マッサージが専門コースとして設置され、それまでは様々な形で行われていた、タイ古式マッサージの内容が標準化されました。
🄫ワットポーマッサージスクール・スクンビット校

タイ伝統ハーブ(サムンプライ)

タイ伝統ハーブについては、古くはアユタヤ王朝の史料にハーブについて調合の記述があり、現王朝ではラーマ3世がタイで初めての公開大学をワットポーに開いた時に、タイ伝統医薬についての研究が行われました。しかし、ラーマ6世の時代には、タイにも西洋医学が入って来たことにより、タイ国医大においてもこの伝統医学の授業が消えてしまいました。その後、100年を経て1,999年の新憲法により、タイ伝統薬が正式に薬として認められる事となり、その年タイ国保険省内にタイ伝統薬の研究所が作られ、現在では(旧タイ伝統医薬開発局)となっています。第二次世界大戦前には市場で売られていたハーブは1万種類にも及んでいたのですが、今では約200種類にまで減ってしまいました。タイ伝統医療においては、タイマッサージとハーバルボールを使った治療が併用して行われていて、ハーブを薬として飲用することも行われています。現在タイ国においては薬(ヤー)とサプリメント(アーハンサーム)が販売されていますが、薬とサプリメントは有効成分の含有量により認可が違っており、政府の認可を受けている場合、オーヨー(食品薬品衛星検査局)の認定マークが付いており、一定の基準を満たした製品ということになります。但し、政府が認めた研究所が開発した製品の場合にはオーヨーのマークが省略される場合もあります。
🄫ワットポーマッサージスクール・スクンビット校

タイ伝統医学

タイ伝統医学は歴史が古く、約2,500年前に遡るとされています。タイ伝統医学の創始者とされる「シバカコマラバ」という人物は仏陀の医師であり、仏教がインドからタイに入って来たのに伴い、医学もタイに導入されました。ラーマ6世の時代にはタイにも西洋医学が導入され、一時期タイ伝統医学は衰退しますが、近年はこのタイ伝統医学が見直され、2002年10月03日タイ伝統医療の研究・開発することを目的として、タイ国保険省内に「伝統医療開発局」が設立されました。また保険省管轄の国公立病院ではタイ伝統医療を取り入れているところがあり、特にラーマ5世が設立したシリラート病院(マヒドン大学医学部付属病院)が導入に熱心な病院として知られています。
🄫ワットポーマッサージスクール・スクンビット校

施術条件

 

注意事項 飲酒をされている、食後30分以内のお客様はマッサージは行えません。
妊娠中のお客様は腹部・背中のマッサージ(ストレッチ含む)を行えません。
生理中のお客様は、腹部、臀部、外・内・大腿鼠径部のマッサージは行えません。
高熱、炎症や腫れている部分がある時はマッサージは行えません。
怪我をされて48時間以内の場合、マッサージは行えません。
心臓疾患、糖尿病、高血圧、癌、骨折、傷口などがある場合、マッサージ部分を制限いたします。
重要事項 施術は男性キャストが行います。

施術順序

STEP 順序
STEP1 まず健康状態などのカウンセリングを行います。
STEP2 実際に施術を行います。
STEP3 施術後の状態をカウンセリングさせていただきます。
その後、施術料金をお支払いいただき終了です。

ご予約はこちら